インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などについて更新しています。


    水溜りボンド(みずたまりボンド)は、 カンタ(佐藤 寛太)と、トミー(富永 知義)による日本の2人組YouTuberである。UUUM所属。キャッチコピーは「発想豊かな2人組動画クリエーター」。 青山学院大学のお笑いサークルで出会い、漫才コンビを結成。その後、キングオブコント2014にて二回戦へ進出
    30キロバイト (3,763 語) - 2021年10月12日 (火) 08:49



    (出典 www.tvlife.jp)


    お疲れ様でした。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/30(木) 12:49:48.22

    9/30(木) 12:36
    スポニチアネックス

    テレビ神奈川「水溜りボンド」冠番組 9月で終了「総合的に判断」「苦渋の決断」
    「水溜りボンド」のカンタ(左)とトミー
     人気YouTuber31人が緊急事態宣言下に開いた飲み会に2人組「水溜りボンド」のトミー(28)が参加したため、今年6月から放送休止となっていたテレビ神奈川の冠番組「水溜りボンドの○○いくってよ」(土曜後10・00)が9月いっぱいで終了することが30日、番組公式サイトで発表された。

     発表は以下の通り。

     昨年10月から放送を開始し、今年6月途中から休止しておりました「水溜りボンドの○○いくってよ」につきましては、9月末をもちまして、番組を終了させていただくこととなりました。

     休止期間中も、毎日のように視聴者やファンの皆様から、番組や出演者、スタッフに対するたくさんの温かいメッセージやお手紙などをお寄せいただき、また、番組復活を望む多くの声もちょうだいいたしました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

     しかしながら、現在も続く新型コロナウイルスを取り巻く環境の厳しさや世の中の情勢などを総合的に判断し、番組終了という苦渋の決断をさせていただきました。

     番組復活を待ち望んでいらっしゃった皆様には大変申し訳ございません。

     tvkでは、今後も地域のテレビ局として、皆様に愛される有益な番組づくりを心掛けてまいりますので、引き続きのご愛顧を何卒よろしくお願いいたします。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a34f3cb885c68896c2deb7128db1c1440a8ceae


    【【YouTuber】水溜りボンドのテレビ神奈川の冠番組 9月で終了】の続きを読む


    ルパン三世』(ルパンさんせい)は、モンキー・パンチ原作の漫画・アニメ作品および、その主人公の名前。 怪盗アルセーヌ・ルパンルパン一世)の孫、ルパン三世を主人公に置いたナンセンス、コメディー、スラップスティックの要素を多分に含んだアクション作品である。 1971年にテレビアニメ化されてからは映画、
    124キロバイト (16,900 語) - 2021年9月29日 (水) 10:52



    (出典 japan-anime-song.com)


    おめでとうございます㊗

    1 muffin ★ :2021/10/15(金) 16:02:15.05

    https://mantan-web.jp/article/20211014dog00m200005000c.html

    (出典 i.imgur.com)


    10月15日の「金曜ロードショー」(日本テレビ系、金曜午後9時)は、10月で「ルパン三世」アニメ化50周年となるのを記念した特別企画「みんなが選んだルパン三世」第1弾として、アニメ「ルパン三世」テレビシリーズから視聴者投票上位4作を一挙放送する。

    第1位は第2シリーズ最終話「さらば愛しきルパンよ」(1980年)。宮崎駿監督(照樹務名義)が演出を手掛けた。後の作品「天空の城ラピュタ」のロボット兵をほうふつさせるロボット兵器・ラムダを巡る事件が描かれる。ヒロイン・小山田マキの声は「カリオストロの城」のクラリス役や「風の谷のナウシカ」のナウシカ役の島本須美さんが担当した。

    2位は第1シリーズ第1話「ルパンは燃えているか・・・・?!」(1971年)、3位は第5シリーズ最終話「ルパン三世は永遠に」(2018年)、4位は第2シリーズ第145話「*翼アルバトロス」(1980年)で、同話も宮崎監督の演出。

    22日の「金曜ロードショー」は、「みんなが選んだルパン三世」第2弾として、テレビスペシャル全27作から第1位に選ばれた「ルパン三世 ワルサーP38」(1997年)を放送する。

    関連
    https://mantan-web.jp/article/20211014dog00m200024000c.html
    みんなが選んだルパン三世:栗田貫一の思い 「僕がマネをしていたのはパート2以降」

    人気アニメ「ルパン三世」の企画「みんなが選んだルパン三世」が金曜ロードショー(日本テレビ系)で放送されることを受けて、ルパン役の栗田貫一さんがコメントを寄せた。1995年に故・山田康雄さんからルパンを引き継いだ栗田さんは「僕がマネをしていたのはパート2以降の山田さん。『ふ~じこちゃ~ん』ってなった時からだよね」と明かした。

    テレビアニメのパート1~5の全276話、テレビスペシャル全27作品の中から好きなエピソードに投票する企画。パート1の第1話「ルパンは燃えているか……?!」、パート2の第145話「*翼アルバトロス」、第155話「さらば愛しきルパンよ」、パート5の第24話「ルパン三世は永遠に」が10月15日午後9時、テレビスペシャル「ルパン三世 ワルサーP38」が10月22日午後9時に放送されることになった。

    栗田さんは「パート1が始まったのは、僕らがまだ中学生にあがるくらいじゃなかったかな……。すごい“大人のマンガ”を見てた感じでしたね。パート1の頃は、声優の皆さんもまだキャラクターのイメージを作ろうみたいな時だったんじゃないかと感じますね。山田(康雄)さんのルパンも軽くないんだよね。軽妙になるのはパート2からだから、モンキー・パンチさんが原作で描いていた感じだったんでしょう。最近僕がやっているルパンはシリアスなことが多いので、ひょっとして近いのかもしれないなと感じるんだよね。僕がマネをしていたのはパート2以降の山田さん。『ふ~じこちゃ~ん』ってなった時からだよね。『おい、不二子!』って感じだったんだよ、パート1の頃は。作品を見ると、あの頃からこんな絵を描いてたんだな……と感じますね。特に宮崎(駿)さんの作品は、『風の谷のナウシカ』とかに出てきそうな絵なんだよね。空飛ぶ感じとかね」とコメント。

    栗田さんがルパンを演じたパート5も放送されることについて「パート5が選ばれたのはうれしいよね。最近の若い子たちが投票してくれたのかなぁ。パート5は現代的な設定で、ルパンもだんだんネットの中に連れていかれてる。最終回は、本当のルパンの顔ってなんだったんだと、謎を残して終わったんだよね」と語った。

    同作への思いを「この50年、宮崎さんもそうだけど、いろいろなクリエーターがそれぞれのルパンを作ってきて、みんな自由にルパンを連れ回している感じがするんです。それぞれの想(おも)いがあるんだろうね。いろんなことをやらせてもらって『ルパン楽しそうだな』と思うもんね。モンキーさんが、最初から『どうぞ自由にルパンにいろんなことをさせてください』っていう方だったんで、本当にそうなっちゃった。新作のパート5もそうだけど、これからもどんなルパンが登場するか、本当に楽しみです」と話した。


    【【アニメ】金曜ロードショーで「みんなが選んだルパン三世」第1弾で上位4作を一挙放送】の続きを読む


    YouTuber(ユーチューバー)は、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開している個人および組織であり、その中でも特にYouTubeチャンネルに重点を置いて活動している配信者たちを指している。英語圏では「YouTube Creator」「YouTube Personality」「YouTube
    38キロバイト (5,136 語) - 2021年10月11日 (月) 09:13



    (出典 www.oca.ac.jp)


    顔だけではないですね。

    1 風吹けば名無し :2021/10/13(水) 12:14:32.29 ID:9Ta3cO0y0.net


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    すげえなイケメンかどうかは
    関係ないんやね..


    【【YouTuber】日本のツートップYouTuber 顔が悪くても成功することを証明する】の続きを読む

    このページのトップヘ