沢城 みゆき(さわしろ みゆき、1985年6月2日 - )は、日本の声優、ナレーター、女優。長野県生まれ、東京都育ち。青二プロダクション所属。声優の沢城千春は弟。既婚。 1999年5月2日、『デ・ジ・キャラット』の新人声優オーディションに参加し、審査員特別賞を受賞。同作品のプチ・キャラット(ぷちこ)
292キロバイト (29,949 語) - 2021年10月8日 (金) 16:39



(出典 img2.animatetimes.com)


人気声優です。

1 愛の戦士 ★ :2021/10/12(火) 16:18:32.53

オリコンニュース 10/12(火) 12:10

 今年アニメ化50周年を迎える『ルパン三世』シリーズの最新TVアニメ『ルパン三世 PART6』が10月から放送されます。小説界やアニメ界を賑わす豪華なメンバーが脚本家として参加することや、声優の小林清志さんが次元大介役を勇退することなど、話題を集めています。そこでFanthology!では、石川五ェ門を演じる浪川大輔さん、峰不二子を演じる沢城みゆきさん、そして新たに次元大介を演じる大塚明夫さんにインタビューを敢行。初回である今回は、沢城さんに、峰不二子への想いや役を継承して10年目を迎えた心境などを語っていただくと共に、「自分を築き上げたキャラクター」というテーマで、ご自身の代表作やファンから愛されている役について振り返っていただきました。

■運命的な出会いからライフワークへ:『デ・ジ・キャラット』ぷちこ

――シリーズ最新作となる『ルパン三世 PART6』の峰不二子も含めて、沢城さんが演じられた特徴的なキャラクターについてお聞きしていきます。まずは何と言っても『デ・ジ・キャラット』の通称ぷちこことプチ・キャラットは、はずせないキャラクターかと思います。沢城さんにとってどのような作品でしょうか。

 2022年にめでたく24周年、「にょ(24)」の年を迎えるのですが、これはこれで“奇跡”ですね。(記念イヤーを)迎えていても祝ってもらえる作品は少ないですから、祝ってもらえる作品になったというありがたさをかみしめている作品ですね。

――振り返ってみて、何か印象に残っているようなエピソードはありますか。

 2019年には久々に、昔やっていた「D.U.P.」というユニット(※デ・ジ・キャラット役の真田アサミさん、ラ・ビ・アン・ローズ(うさだヒカル)役の氷上恭子さん、プチ・キャラット役の沢城さんの3人によるユニット)で集まって自主イベントをやったり、公式で「“令和のデ・ジ・キャラット”をやる」ということで動き始めたり、20周年や24周年などで集まる機会がちょっと増えているのですけど。久々に再会した時に氷上恭子さんから、「でじこに関してはキャラクターありきで(真田)アサミちゃんが声をあてていたけど、プチ・キャラットはみゆきちゃんがゼロからスタートして一緒にキャラクターを作っていったところがあったよね」と言われたことが、すごく印象的でした。

 そのころはそんなつもりはなかったのですが、もしかしたら本当に「0→1」を一緒にやったのはぷちこが最初で最後というか、状況的にそうなっちゃったという方が合っているのかな。そもそも一枚絵しかないところから肉付けしていく段階で、あの時の自分にできること、本当は100個やらなきゃいけなかったところの2個とか3個しかできていなかったけど、それでも全力で貫通性を持たせて成立させようとしていた。なので結果的に「0→1」をやったキャラクターだったのかなと、今は思いますね。

――なるほど。なかなか興味深いお話ですね。当時のアフレコなどで思い出に残っていることは何かありますか?

 ピョコラ=アナローグIII世役を演じられていた林原(めぐみ)さんに、「この作品をやっていたら、ほかのどこに行っても大丈夫だよ」と言われたのを覚えています。キャラクターたちがいっぺんにいっぱいしゃべるので、台本1ページが4列4行くらいになっているんですよ。その見づらさと騒がしさ、あとスピードの速さを思い出すと、「どの作品に行っても大丈夫」と林原さんが言った理由が、その後よくわかりました。1本目がそういうテイストだったのはなかなかだったなと思うし、強烈な作品でしたね。

――ご自身とキャラクターを比べて、似ているところ・似ていないところはありますか?

 ぷちこは、ポーカーフェイスというかクールというか、楽しくなさそうに見える(苦笑)そういう表情のなさや血圧の低さみたいなものは、当時の私と似ていたかもしれないですね。すごくありがたい気持ちで楽しくライブをやっているはずなのに、「あんなニコリともしないヤツを応援してもしょうがない」って書かれていたこともあって。自分としては「あれ、おかしい。すっごく幸せだったのに……」みたいな気持ちになりました。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe0f985efce9cc053b6a464f9d250537fc726266
沢城みゆき 撮影:平野敬久 (C)ORICON NewS inc.

(出典 i.imgur.com)





5 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:28:06.27

この人は長く活躍する人


(出典 getnews.jp)



(出典 Youtube)


6 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:28:42.81

はっ?
もう10年目なの?


(出典 i.ytimg.com)


9 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:32:37.53

>>6
ドラなんか16年やで


(出典 www.bs-asahi.co.jp)


8 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:31:45.63

英語ペラペラなのはビビった
なんなんだ


10 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:33:27.61

演技力は最高クラス
声質は釘宮ほど唯一無二じゃない
って感じ


(出典 animeanime.jp)


14 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:36:23.80

さすがペリーヌさんですわ!


20 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:49:52.81

久々に再会した氷上恭子…ってなんかちょっと寂しいが若い旦那をゲットできたのでまあ勝ち組か。


22 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:54:26.53

既にナレーションの人みたいなイメージしかない


24 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:55:17.28

まあ好みじゃないんだよな
上手いんだろうけど


26 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 16:59:17.87

不二子がほぼ違和感ないのは凄いと思う。

栗田や大塚は爪を煎じて飲め。


28 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:09:47.80

代表作が2代目じゃんw


30 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:13:09.65

報道ステーション サンデーステーション ナレーター


33 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:16:45.88

上滑りしてるような声で
「色気ある女」やってるのが
どうも好きになれない

テガミバチとかは好きなんだけどな


34 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:16:46.51

この人珍しくナレーター業やってても声邪魔じゃないよね
アニメ声優って主張が強すぎるのが多いけど無理がなくていい


38 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:21:44.73

>>34
報道ステーションは感情入れ過ぎ


48 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:34:56.96

>>34
邪魔だろ、一発でこいつってわかる演技みたいなナレーション


35 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:18:41.36

ダンガンロンパとかデュラララとか、声優が命吹き込んだようなインパクトあるのはだいたいこの人。
>1 で画像見るんじゃなかった。


39 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:22:50.84

じつはアニメ版ワカコ酒のワカコがめちゃくちゃはまってたんだよなー。
2期やってくれないかなと今だに思ってる。


40 るる様 :2021/10/12(火) 17:23:37.09

>>39
ワカコ酒ええよな


41 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:23:43.12

可愛いだけで売れた女


(出典 otajo.jp)


42 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:27:24.60

この人めちゃくちゃ上手いよね


(出典 Youtube)


43 名無しさん@恐縮です :2021/10/12(火) 17:28:57.31

若い頃から妙にベテランの風格があったなw