インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などについて更新しています。

    2021年10月


    ピクミンシリーズ > ピクミンピクミン』(Pikmin)は、2001年10月26日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ピクミンシリーズの第1作目。 後にシリーズ化され、2004年には、『ピクミン2』が、2013年には、『ピクミン3』が、2017年には、『Hey! ピクミン』が発売された。
    35キロバイト (5,329 語) - 2021年7月29日 (木) 00:04



    (出典 i.ytimg.com)


    どうですかね。

    1 名無しさん必死だな :2021/10/27(水) 09:11:14.39

    https://twitter.com/PikminBloom/status/1453150578192928773



    任豚が話題にしない
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ゲーム】ピクミンのスマホゲームが開始?!?】の続きを読む


    ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリとPCゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。略称は『ウマ娘』。ジャンルは育成シミュレーションゲームで、競走馬を萌え擬人化したキャラクターである「ウマ娘
    191キロバイト (26,241 語) - 2021年10月20日 (水) 22:53



    (出典 i.ytimg.com)


    おめでとうございます㊗

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/27(水) 17:34:19.68

    【速報】サイバーエージェント、21年9月期決算は営業益208%増の1043億円と過去最高業績 『ウマ娘プリティーダービー』が大きく貢献【追記】

    2021.10.27 15:09
    サイバーエージェントは、この日(10月27日)、2021年9月通期の連結決算を発表し、売上高6664億6000万円(前の期比39.3%増)、営業利益1043億8100万円(同208.1%増)、経常利益1046億9400万円(同209.2%増)、最終利益415億5300万円(同528.8%増)と大幅増益を達成した。Cygamesの運営する『ウマ娘プリティーダービー』の運営成績が貢献し、過去最高業績となった。

    決算説明会に臨んだ藤田晋社長は、「ここ数年はABEMAへの先行投資を行い、営業利益を年間300億円に抑えてきたが、一気に1000億円を超えてきた」とコメント。『ウマ娘』の爆発的なヒットの影響を改めて示した。

    ・売上高:6664億6000万円(同39.3%増)
    ・営業利益:1043億8100万円(同208.1%増)
    ・経常利益:1046億9400万円(同209.2%増)
    ・最終利益:415億5300万円(同528.8%増)

    ①メディア事業
    メディア事業には、「ABEMA」、「WINTICKET」、「Ameba」等が属している。新しい未来のテレビ「ABEMA」への投資をしつつ、売上高は828億6900万円(同45.1%増)、営業損益は151億4100万円の損失計上(前年同期間182億6700万円の損失計上)となった。

    ②インターネット広告事業
    インターネット広告事業には、インターネット広告事業本部、AI事業本部、CyberZ等が属している。広告効果の最大化を強みに、過去最高の売上高を更新し、売上高は3213億1300万円(同19.3%増)、営業損益は225億7000万円の利益計上(同7.1%増)となった。

    ③ゲーム事業
    ゲーム事業には、Cygames、Craft Egg、サムザップ、アプリボット等が属している。新規タイトルが大きく貢献し、売上高は2627億5100万円(同68.6%増)、営業損益は964億4500万円の利益計上(同217.9%増)となった。

    ④投資育成事業
    投資育成事業にはコーポレートベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルにおけるファンド運営等が属しており、売上高は64億4100万円(同57.4%増)、営業損益は44億0800万円の利益計上(同43.7%増)となった。

    ⑤その他事業
    その他事業には、マクアケ、CAM、ゼルビア等が属しており、売上高は217億4400万円(同10.9%増)、営業損益は4億7900万円の利益計上(同63.1%減)となった。

    【追記】
    第4四半期の実績は、売上高が前年同期比48.7%増の1797億2800万円、営業利益が同400.4%増の268億6800万円だった。四半期で過去最高となった前四半期には及ばなかったが、過去2番めの業績となった。業績推移は以下のとおり。


    (出典 i3.gamebiz.jp)


    (出典 i3.gamebiz.jp)


    ■2022年9月期の見通し
    2022年9月期の業績見通しは非開示。これまで業績予想を継続的に開示してきたが、特にゲーム事業において、既存ゲームの運用状況や新規ゲームの提供開始日により大きな業績変動が見込まれることから、業績見通しについて適正かつ合理的な数値の算出が困難であると判断したため、と説明している。

    https://gamebiz.jp/news/336031


    関連
    サイバーエージェント、第4四半期のゲーム事業は営業益275%増の281億円と大幅増 『ウマ娘』は「好調だった初動の反動があったが堅調に推移」
    https://gamebiz.jp/news/336037

    サイバーエージェント藤田社長、22年9月期の予想非開示の理由を説明…『ウマ娘』は足元堅調だが「12ヶ月後の数字は経営陣でも予測できない」
    https://gamebiz.jp/news/336046

    サイバーエージェント、「ABEMA」は「先行投資から損益改善フェーズに入った」(藤田社長) 広告や課金、周辺ビジネス成長 MLBなど番組充実でWAU拡大続く
    https://gamebiz.jp/news/336049


    【【ゲーム】サイバーエージェント 21年9月期決算は営業益 1043億円と過去最高業績 『ウマ娘プリティーダービー』が大きく貢献】の続きを読む


    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。略称は『呪術』。2021年29号から作者の体調不良により休載されていたが、同年35号より連載が再開。
    189キロバイト (33,814 語) - 2021年10月26日 (火) 10:22



    (出典 i.ytimg.com)


    色々言われますね。

    【【漫画】呪術廻戦 オマージュかパクリか】の続きを読む


    日髙 のり子(ひだか のりこ、1962年5月31 - )は、日本の声優、女優、ラジオパーソナリティ、ナレーター、歌手(元アイドル)。東京都千代田区九段出身。 本名の旧姓は伊東、新姓は永井、名は範子。2009年1月19に事務所「コンビネーション」を三ツ矢雄二と共に設立。
    100キロバイト (11,034 語) - 2021年10月18日 (月) 14:32



    (出典 www.wacoca.com)


    おめでとうございます。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/25(月) 20:29:19.08

    ニュース 2021.10.25 Mon 17:45

    国民的声優・日高のり子のデビュー40周年記念書籍が発売決定。『天職は、声優。』として、2022年1月31日に発売される。

    『天職は、声優。』は、『タッチ』の浅倉南役、『となりのトトロ』の草壁サツキ役など数々のアニメやナレーション、さらにETC車載器音声ガイドの担当としても知られる“誰もが一度は声を聞いたことがある”国民的声優・日高のり子のデビュー40周年記念書籍だ。女優を目指していた少女・日高が、アイドル歌手になり、そして声優へ至るまでの軌跡を辿った出演作秘話満載のオール書き下ろし本となっている。

    日高のり子×林原めぐみの「真逆のふたり」対談や、山口勝平ら共演の多い声優陣によるスペシャルインタビュー、関係者へのアンケート企画も実施。
    アンケート回答陣(敬称略)は、青山剛昌/あだち充/angela/井上和彦/井上喜久子/梶裕貴/神谷明/川島明/佐久間レイ/島本和彦/笑福亭鶴光/関俊彦/高橋洋子/高橋留美子/高山みなみ/武田華/田中公平/中川翔子/七海ひろき/西村由紀江/博多華丸・大吉/花澤香菜/広井王子/古田新太/本広克行/箭内道彦/山寺宏一/ゆず/渡辺多恵子ほかと、豪華メンバーが集結している。

    なお法人別購入特典として、アニメイトでは「音声特典カード(QRコード付き)」、ゲーマーズでは「書き下ろしメッセージペーパー」が付属する。

    日高のり子・デビュー40周年記念書籍『天職は、声優。』の価格は、1,400円(税抜)。 2022年1月31日に全国の書店、ネット書店にて発売。

    https://animeanime.jp/article/2021/10/25/64906.html

    ■『天職は、声優。』
    発売日:2022年1月31日(月)
    本体予価:1,400円+税
    仕様:四六 192ページ
    ISBN:978-4-07-448798-1
    発行:主婦の友インフォス
    発売:主婦の友社
    《曙ミネ》


    【【声優】 日高のり子 デビュー40周年記念本「天職は、声優。」が発売決定!】の続きを読む


    YouTuber(ユーチューバー)は、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開している個人および組織であり、その中でも特にYouTubeチャンネルに重点を置いて活動している配信者たちを指している。英語圏では「YouTube Creator」「YouTube Personality」「YouTube
    38キロバイト (5,136 語) - 2021年10月19日 (火) 14:18



    (出典 i.ytimg.com)


    やっと逮捕されましたね。

    1 ひかり ★ :2021/10/26(火) 12:43:21.46

    YouTuber・よりひとさんが逮捕された。所属するYouTuberへの名誉毀損などを理由に、よりひとさんを訴訟していた事務所・VAZが公式サイトで発表した。

    VAZはよりひとさんの逮捕について、「弊社は、本日10月25日、「よりひと」氏が弊社タレントに対する名誉毀損罪を被疑事実として警視庁板橋警察署に逮捕された旨の連絡を受けました。」と公表している。

    VAZがよりひとさんを訴訟したのは、所属するYouTuber・さくらさんへの名誉毀損などの行為が理由。

    よりひとさんは3月に自身のYouTubeチャンネルで、さくらさんが小学生の時にイジメを行っていたとする内容の動画を公開しており、これにさくらさん及びVAZが否定する形で騒動に発展していた。

    この時は、よりひとさんの動画に出演してイジメ疑惑を証言した人物からの謝罪もあり事態は沈静化。VAZからよりひとさんへ警告文が送られ、よりひとさんも関係動画を削除し謝罪した。

    しかしよりひとさんが謝罪した直後に態度を翻したことで、VAZは訴訟の提起を発表。以来同社が弁護士らと共に対応にあたっていた。

    よりひとさんはYouTuberや芸能人の不祥事や何かしらの疑惑をネタに、過激な内容の動画をアップして人気を得ていたYouTuber。現在のYouTubeチャンネル登録者数は66万人。

    さくらさんの件に限らず、VAZから所属YouTuberが相次いで離脱していた時期には、「今すぐVAZは辞めた方がいい」などのタイトルで執拗に動画を公開するなど、長年に渡ってVAZと所属するYouTuberを攻撃していたことでも知られている。

    また*取締法違反容疑で2020年9月に逮捕された伊勢谷友介さんが保釈され、報道陣の前で謝罪を行った際にその現場に現れ、突如伊勢谷さんに接近するなど、いわゆる迷惑系YouTuberとしても認知されている。

    YouTuberやVTuberなど、インターネット上で活動するタレントへの誹謗中傷や名誉毀損が後を絶たない。一方で近年は事務所の努力によって対策チームが設置されるなどの新たな動きが生まれている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce8e798573590bf3af6a7390913ffd8f3e2e17db


    【【YouTuber】迷惑系YouTuberよりひと 逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ