インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などについて更新しています。

    カテゴリ:アニメ > 新シリーズ


    ハートキャッチドリームダンス プリキュアオールスターズ プリキュア プリンセスパーティー プリキュア まほうのパーティー あそんでプリキュア 新・あそんでプリキュア プリキュアオンライン ふたりはプリキュア(PICO) ふたりはプリキュア Max Heart(Beena) ふたりはプリキュア Splash Star(Beena)
    217キロバイト (25,344 語) - 2021年11月15日 (月) 04:25



    (出典 animeanime.jp)


    おめでとうございます㊗

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/11/26(金) 06:47:58.79

    2021年11月26日 6時00分


    (出典 img.cinematoday.jp)

    今度のモチーフは? 「デリシャスパーティ・プリキュア」タイトルロゴ - (C)ABC-A・東映アニメーション



     人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの最新作となる第19弾のタイトルが「デリシャスパーティ・プリキュア」(・はハートマーク)に決定した。

     詳細は今後発表される見込みだが、タイトルに含まれる「デリシャス」のワードや、タイトルロゴに含まれたワイングラスや食器といった料理のイメージが、作品のテーマやモチーフに関わってくるのだろうか。

     2004年の「ふたりはプリキュア」から続く同シリーズは、伝説の戦士プリキュアに変身して戦う少女たちを描く人気アニメ。
    現在は海とコスメをモチーフに、人魚と出会った女の子たちがプリキュアとなる「トロピカル~ジュ!プリキュア」(毎週日曜あさ8時30分~)が放送されており、『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』が公開されている。(編集部・入倉功一)


    (出典 Youtube)


    https://www.cinematoday.jp/news/N0127268


    【【アニメ】 プリキュア新作タイトル「デリシャスパーティ・プリキュア」に決定!】の続きを読む


    ラブライブ!シリーズ > ラブライブ! 『ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、KADOKAWA(アスキー・メディアワークスブランド)、ランティス(現・バンダイナムコアーツ)、サンライズの3社によるプロジェクト「ラブライブ!シリーズ」の第1作。
    135キロバイト (18,650 語) - 2021年9月26日 (日) 23:43



    (出典 bandainamco-am.co.jp)


    ほんとに速報です。

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/10/24(日) 15:36:43.70 ID:t/rY0Ps+M.net BE:931948549-DIA(101002)


    (出典 img.5ch.net)

    はい
    https://i.imgur.com/xJh8sjW.jpg

    https://i.imgur.com/


    【【アニメ】ラブライブ!スーパースター!! 第二期制作決定】の続きを読む


    マブラヴ > マブラヴ オルタネイティヴ 『マブラヴ オルタネイティヴ』(英: Muv-Luv Alternative)は、アダルトゲームメーカー âge(アージュ)の恋愛アドベンチャーゲーム、およびこれを原作とするメディアミックス作品群の総称である。『マブラヴ
    130キロバイト (20,364 語) - 2021年10月14日 (木) 19:08



    (出典 www.4gamer.net)


    嬉しいでしょうね。

    1 カラス ★ :2021/10/09(土) 21:46:52.86

    本格SFの世界観を織り交ぜた恋愛ゲームとして、2000年代に熱狂的な人気を博した『マブラヴ オルタネイティヴ』。10月6日、ついに同作のTVアニメ版がフジテレビにて放送された。第1話『世界の日常』では緊迫感ある世界観が描き出されると共に、とある作品の逆輸入が話題を集めている。

    ※『マブラヴ オルタネイティヴ』最新話の内容に触れています

    物語はまず、1973年に地球外起源種「BETA」が侵略してくるところから始まる。圧倒的な力で人類を襲う「BETA」の出現によって、たった数年で世界人口は激減。人型兵器「戦術機」による抵抗もむなしく、1998年には日本も関東以南が壊滅という状況に陥った。

    そして「BETA」の脅威が東日本にも及ぼうかというところで、舞台は新潟県にある佐渡島へ。そこでは大型種「フォート級」が現れたことで、多くの戦術機が堕とされ、佐渡島内部へと「BETA」の侵入を許してしまう。さらに1万を超えるBETAの群勢も押し寄せ、広範囲にレーザーを射出する「レーザー級」も登場。防壁内部を警備していた隊員や、シェルターに避難していた民間人までもが全員犠牲となる…。

    美少女アニメのガワをかぶりながら、壮絶な侵略を描き出した「マブラヴ オルタネイティヴ」第1話。「BETA」による日本の累計死者数は3600万人を超えることが明かされており、もはや今後の展開が想像できない状況だ。

    「進撃の巨人」作者へのメッセージ? オマージュに賞賛の声

    なお第1話で描かれたのは、原作の前日譚とも言えるアニオリ展開。そこで原作ファンから最も注目を集めたのは、「BETA」が巨大な防護壁を破るシーンだった。SNS上の反応を見てみると《「壁が破られる」っていう進撃の巨人の象徴的な構図を、オマージュ元であるマブラヴが逆輸入するこのキャッチボール感いいよね》《マブラヴにインスパイアされて産まれた進撃から1話の有名なシーンを逆輸入して貰えたの、作者嬉しいだろうなぁ…》《進撃逆輸入は遊び心があって好き》といった声が。

    高く厚い壁に、人類を蹂躙する巨大な敵…といえば、巨人と人類の戦いを描いた人気漫画『進撃の巨人』を誰もが思い出すはず。実際に「BETA」が防護壁を破るシーンは、超大型巨人により「ウォールマリア」が陥落する絶望的な瞬間を彷彿とさせる演出だった。

    実は「進撃の巨人」作者の諫山創は、かねてから「マブラヴ」ファンを公言していることで有名。2015年の『SUGOI JAPAN Award』のインタビューなどで、その影響関係を明かしている。アニメ制作陣はこうした事情を知っていたため、あえて「進撃の巨人」らしい場面を挿入したのかもしれない。

    迫力のある作画や逆輸入ネタにより、視聴者の反応は上々。「進撃の巨人」レベルのヒット作となるのか、今後の動向を期待して見守りたい。
    https://myjitsu.jp/enta/archives/95951


    【【アニメ】『マブラヴ オルタネイティヴ』第1話で『進撃の巨人』を逆輸入?!】の続きを読む


    うる星やつら』(うるせいやつら、ラテン文字表記: Urusei Yatsura)は、高橋留美子による日本の漫画作品。第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作。「うる星」とも。2019年4月時点で累計発行部数は3000万部を記録している。 浮気者の高校生・諸星あたると、彼を愛する一途な
    32キロバイト (4,739 語) - 2021年10月14日 (木) 03:53



    (出典 image.kddi-video.com)


    時代が変わってしまいました。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/14(木) 14:42:45.48

    2021.10.14

    「ラブコメ」をアニメに根付かせたヒット作『うる星やつら』。その過激な描写で放送中はPTAなどからクレームが多かった本作でしたが、それも子供たちを引き付けるだけの魅力があったからでした。
    https://magmix.jp/post/64406





    人気ゆえクレームが絶えなかったTVアニメ

    TVシリーズ『うる星やつら』Blu-ray SET1(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)

    (出典 magmix.jp)


     10月14日は1981年にTVアニメ『うる星やつら』が放送開始した日。つまり2021年で40周年になります。

    『うる星やつら』は当時「週刊少年サンデー」で連載されていた人気マンガで、高橋留美子先生の連載デビュー作でした。初期はまだ高橋先生が大学生だったため短期集中連載で、大学卒業後に本格的な連載を開始します。初期の頃から人気が高く、いつも初版が数日で売り切れていました。

     それほどの人気マンガだったことから、アニメ化は必然ともいうべき流れだったと思います。もちろん注目していたのはアニメ業界だけでなく、よみうりテレビと円谷プロで実写ドラマとしての企画も動いていました。もしも、この企画が成立していたらアニメ化はおそらくなく、その後の歴史は大きく変わっていたことでしょう。

     本作の放送はフジテレビ系列水曜19時30分からで、これは前番組が『スター千一夜』を中心にした帯番組だったことから、初めてのアニメ枠になりました。水曜19時からの放送は半年ほど前から放送開始したアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』で、その流れで視聴する家庭も多く、人気の枠となります。ちなみに『Dr.スランプ アラレちゃん』は1986年2月19日、本作は1986年3月19日と、ほぼ同じ時期に放送終了しました。

     注目の作品というものは、その人気に比例してクレームの多いもの。本作も1話からラムの胸があらわになるシーンがあるのですが、事前に局側から警告されたにも関わらずチーフディレクターの押井守さんは「大丈夫」と言って強硬、放送終了後にPTAなどからクレームがあったそうです。ちなみにこの事実を押井さん本人は否定しています。

     この場面は原作マンガにもある重要な場面ですから、カットするわけにもいかなかったのでしょう。当時はビデオデッキを持っている家庭も少なく、シーンとしても一瞬だったので騒ぐほどのことはないと筆者も思っています。ところが、このシーンをピックアップ、コマ送りのような構成で誌面に掲載したアニメ雑誌が当時ありました。

     視聴率は20%前後で好調でしたが、いつも半裸の少女が登場している、登場人物が下品なセリフを言うのを子供がマネをする……などのクレームが寄せられて本作はフジテレビのワースト番組上位の常連でした。そのためか、いつ打ち切りになっても対応できるよう、クールの終わりくらいには最終回を思わせるエピソードが用意されたそうです。

     この他にも、諸星あたる役の古川登志夫さんの声がキャラに合わないという投書も多かったと、後に古川さん自身が語っていました。声優変更を考えたアニメスタッフが高橋先生に相談に行ったところ、「あたるの声は完璧」と言われて続投が決まったそうです。

     このようなトラブルがあったようですが、本作は次第によく知られた人気作から、ブームを生むほどのヒット作へと変わっていきました。

    次のページ ヒロインとして不動の人気を誇ったラム
    https://magmix.jp/post/64406/2

    1 2021/10/14(木) 06:24:50.99

    【アニメ】 『うる星やつら』アニメ放送40周年 クレームが絶えず、打ち切りの可能性も… ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634172571/


    【【アニメ】 『うる星やつら』アニメ放送40周年!  しかしクレームが絶えず】の続きを読む


    ポプテピピック』(POP TEAM EPIC)は、大川ぶくぶによる日本の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ。漫画は『まんがライフWIN』にて2014年より連載中。通称『ポプテピ』『ポプテ』。 キャッチコピーは「とびっきりのクソ4コマ!!」。 竹書房のウェブコミック
    129キロバイト (15,436 語) - 2021年10月10日 (日) 05:47



    (出典 m.media-amazon.com)


    いかれたアニメです。

    1 征夷大将軍 ★ :2021/10/10(日) 07:33:34.99

    オリコン2021-10-10 02:00
    https://www.oricon.co.jp/news/2209687/

    2018年1月~3月にかけて放送されたアニメ『ポプテピピック』(ポプテ)の再放送が9日深夜(10日)、TOKYO MXなどで放送された。再放送にも関わらず、第1話「出会い」は、メインキャラクター・ポプ子とピピ美役を務めたキャストが変更され、本放送時とはキャストを変更したリミックス版で放送。前代未聞の出来事に、ネット上では「やりやがった!」「再放送じゃないじゃん!もはや新作アニメw」などと騒然となっている。

     同アニメは、大川ぶくぶ氏による4コマ漫画が原作。2018年1月から3月までTOKYO MXなどで放送され、30分間の放送中、前半と後半でほぼ同じ内容を放送していることや、毎回メインキャラクターの担当声優が変わるなど斬新な内容で大きな話題となった。

     2018年放送時の第1話「出会い」は、ポプ子役を江原正士(Aパート)、三ツ矢雄二(Bパート)、ピピ美役を大塚芳忠(Aパート)、日高のり子(Bパート)が務めていた。今回は再放送ということで、このキャスト陣の声を聴くことができるかと思いきや、第1話はポプ子役を小山茉美(Aパート)、中尾隆聖(Bパート)、 ピピ美役を三石琴乃(Aパート) 、若本規夫(Bパート)が担当するなど、再放送にも関わらず異例のキャスト変更。ほかの話数で登場したキャストの組み合わせとなった。

     キングレコードの担当者によると「キャストのパーソナリティを最大限にい*本作、リミックス版でも各キャストのアドリブ演技が満載の新たに生まれ変わった」とし、「第2話以降も新たな展開が予想される本作にぜひ注目」と伝えている。

     2019年4月に放送された新作スペシャルでは、TOKYO MXとニコニコ動画など各媒体によってポプ子とピピ美役を務めたキャストが異なるという前代未聞の出来事が起きていたが、今回も“キャスト変更”という異例の事態に、ネット上では「やると思った(笑)」「再放送とは一体…新作アニメじゃん!」「これがポプテだ!」「アニメ界の常識を覆す出来事」などと話題になっている。

    ■キャスト情報
    ポプ子:三ツ矢雄二、江原正士、悠木碧、古川登志夫、小松未可子、中尾隆聖、日笠陽子、玄田哲章、金田朋子、中村悠一、三瓶由布子、下野紘、こおろぎさとみ、森久保祥太郎 、諸星すみれ、小野坂昌也、中村繪里子、斉藤壮馬、徳井青空、小山力也、水樹奈々、郷田ほづみ、小山茉美、速水奨

    ピピ美:日髙のり子、大塚芳忠、竹達彩奈、千葉繁、 上坂すみれ、若本規夫、佐藤聡美、神谷明、小林ゆう、杉田智和、名塚佳織、梶裕貴、矢島晶子、鳥海浩輔、田所あずさ、浪川大輔、今井麻美、石川界人、三森すずこ、高木渉、能登麻美子、銀河万丈、三石琴乃、中田譲治ほか


    【【アニメ】『ポプテピピック』再放送 まさかの声優変更】の続きを読む

    このページのトップヘ