インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などについて更新しています。

    カテゴリ:映画 > 実写


    『約束のネバーランド』(やくそくのネバーランド)は、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画作品。略称は「約ネバ」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年35号から2020年28号まで連載された。2020年12月時点で全世界累計発行部数は2600万部を突破している。テレビアニメ
    165キロバイト (26,258 語) - 2021年1月7日 (木) 19:16



    (出典 i.pinimg.com)


    いかがでしょうか?

    1 【ニダー】 :2020/12/23(水) 05:56:38.43

    ロケ地は頑張って見つけたんだろう雰囲気は良かった
    でも内容は
    シュールなコメディー?
    真面目なパロディー?
    オレの予想だと興行収入2億円台で爆死


    (出典 i.ytimg.com)


    【【映画】実写版「約束のネバーランド」感想】の続きを読む


    メディアミックスとして、『東京リベンャーズ』のタイトルでテレビアニメ化および実写映画化が予定されている。 2017年。26歳のフリーターとして底辺の生活を送っていた花垣武道は、中学時代の彼女だった橘日向が弟の直人とともに暴走族東京卍會(東卍)の抗争に巻き込まれ死亡したニュース
    123キロバイト (22,846 語) - 2020年12月17日 (木) 00:31



    (出典 collabo-cafe.com)


    おめでとうございます㊗️

    1 チミル ★ :2020/03/04(水) 14:11:02.96

    「週刊少年マガジン」で連載されるやカッコ良すぎる登場人物たちと心揺さぶる名言の数々で、またたく間に若者の心をつかみ、コミックス累計発行部数300万部を突破した和久井健の「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化する『東京リベンジャーズ』の公開日が10月9日(金)に決定。このたび日本映画界を盛り上げる“最旬俳優”7名の出演が発表された。

    ※中略

    この上ない豪華キャストが集結した本作でメガホンをとるのは、大ヒットを記録した『ヒロイン失格』(15)や「賭ケグルイ」シリーズを手掛け、今後も『映像研には手を出すな!』(5月15日公開)や『ぐらんぶる』(5月29日公開)などの話題作が控える英勉監督。はたしてどのように原作の世界観が再現されていくのか、続報を楽しみに待ちたい!

    ※後略
    ︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    全文は下記よりご確認ください。

    2020/03/04 05:00
    https://movie.walkerplus.com/news/article/225494/

    (出典 i.imgur.com)


    【【映画】実写版『東京リベンジャーズ』に“最旬”俳優が集結!】の続きを読む


    魔法ワールド > ファンタスティック・ビーストシリーズ > ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ファンタスティック・ビーストとまほうつかいのたび、原題:Fantastic Beasts and Where to Find
    60キロバイト (6,691 語) - 2020年10月29日 (木) 07:20



    (出典 i.ytimg.com)


    どうなるんでしょうか?

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/07(土) 08:35:54.97 ID:CAP_USER9.net


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    ジョニー・デップが映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズで演じていたゲラート・グリンデルバルド役を降板し、同作から身を引くことを発表した。事情を説明したジョニーからの声明を全文訳。(フロントロウ編集部)
    ジョニー・デップが『ファンタスティック・ビースト』を降板
     俳優のジョニー・デップが、映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズへの今後の出演を辞退することを、インスタグラムで公開した直筆の署名入りの声明を通じて発表した。

    https://www.instagram.com/p/CHQXHimJvAC/?utm_source=ig_embed

    降板は、ジョニーが、自身を元妻で俳優のアンバー・ハードに対して暴力を振るった「Wife Beater(妻を虐待する者)」と呼んだイギリスの大衆紙The Sunの発行元であるNew Group Newspapers(以下NGN)を名誉毀損で訴えた裁判で、英裁判所がジョニー側の訴えを棄却したことを受けて決定したもの。

     ジョニーは、『ファンタスティック・ビースト』シリーズの製作・配給元であるワーナー・ブラザースの要請により、同シリーズで演じた“闇の魔法使い”ゲラート・グリンデルバルド役を降りることを決断したと声明の中で説明したほか、アンバーへのDV疑惑に関して、自身の潔白を晴らすために上訴する意志を明らかにした。

     以下、ジョニーの声明をフロントロウが全文訳。

    「最近の出来事を踏まえ、下記に手短にコメントしたいと思います。
     まず第一に、私に支持や忠誠を恵んでくださっているみなさんにお礼を申し上げます。みなさんが、とくに、ここ数日の間に送ってくださった愛やご心配のメッセージには、とても感動し、有難く思っています。
     そして第2に、ワーナー・ブラザースから『ファンタスティック・ビースト』で演じたグリンデルバルド役を辞退して欲しいとの要請があり、私はそれを尊重し、リクエストに応じることにしたことをお知らせします。
     最後に、これは言わせてください。イギリスの裁判所が下した非常に理解し難い判決が、私が真実を伝えるための戦いを変えることはありません。私が上訴すを計画しているということを、ここに認めます。
     これからも、私の決心は固く、自分に対してかけられている疑惑は真実ではないと証明してみせます。私の人生とキャリアが現時点で定義されてしまうということはありません。お読みいただき、ありがとうございます」

     イギリス人作家J・K・ローリング著の児童小説を映画化し、空前の大ヒットを記録したファンタジー映画シリーズ『ハリー・ポッター』のスピンオフ作品として、2016年には第1作目の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、2018年には『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。同作で、ジョニーが演じた、グリンデルバルドは、ストーリーが語られるうえで、かなり重要なキャラクターとして知られる。

     同シリーズへの出演が決定した際には、すでにアンバーとの離婚裁判やDVをめぐる疑惑が世間を騒がせており、渦中のジョニーがキャスティングされたことには、一部で抗議の声が上がった。

     名誉棄損裁判の発端である、The Sunがジョニーを「Wife Beater」呼ばわりした2018年の記事の見出しも、ジョニーの『ファンタスティック・ビースト』へのキャスティングの適正に疑問を示したものだった。


    グリンデルバルド役には別の役者を 新作の公開は延期
     ワーナー・ブラザースは、米メディアへの声明を通じ、ジョニーの降板を認めたうえで「これまでのジョニーの同作への貢献に感謝しています」とコメント。さらに、グリンバルド役は別の俳優に引き継がせる意向を明らかにした。


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


     さらに、同社は、2021年11月12日に予定されていたシリーズ第3作目『Fantastic Beasts and Where to Find Them 3(原題)』の公開を2022年夏まで延期することも発表した。

    アメリカでの裁判は予定通りか
     今回の声明で上訴を宣言したNGNを相手取ったイギリスでの裁判とは別に、ジョニーは、アメリカで、アンバー本人を相手取って損害賠償を求める裁判を起こしている。


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    全文はソース元で
    https://front-row.jp/_ct/17407194


    【【映画】ジョニー・デップ 元妻へのDV疑惑裁判敗訴により「ファンタスティックビースト」降板】の続きを読む


    クリーンルーム ケミカルハザード バイオセーフティーレベル 労働安全衛生 感染症、院内感染 感染管理(感染制御)、医療廃棄物 感染制御学、微生物学、細菌学、口腔細菌学、ウイルス学、真菌学、寄生虫学、免疫学 生物兵器、細菌兵器 バイオハザードシリーズ - 名前の通りバイオハザードを題材としたカプコンのホラーゲーム
    57キロバイト (6,001 語) - 2020年9月23日 (水) 12:41



    (出典 www.gamebusiness.jp)


    おめでとうございます㊗️

    1 muffin ★ :2020/10/07(水) 12:58:19.97 ID:CAP_USER9.net

    https://hochi.news/articles/20201007-OHT1T50088.html
    2020年10月7日

    サバイバルホラーゲームの傑作「バイオハザード」が新たな形で実写映画化されることが7日、わかった。過去にもハリウッドで映画化され世界的なヒットとなっているが、今回はゲームの世界観に重きをおいた完全新作になるという。劇場公開は2021年を予定。

    映画「バイオハザード」と言えば、ミラ・ジョボビッチ(44)の主演で2002年から6作制作され全世界興行収入12億ドルを超えた大ヒットシリーズが記憶に新しいが、今回制作されるのはストーリー、キャスト、スタッフを一新した完全新作。ゲームと同様、1998年のラクーンシティの運命の夜を描く。

    脚本・監督を務めるのは「海底47m」のヨハネス・ロバーツ監督。ゲーム版のファンでもあるロバーツ監督は「私がオリジナルのゲーム第1作目と第2作目をプレイした当時に味わった心の底からの恐怖を今回の映画で再現したく思っている」とコメント。「寂れたアメリカの小さな町で起こる現実味ある人間ストーリーを描く事で、現代の観客にとって、身近で共感できる作品にしたいと思っています」としている。

    キャストはクレア・レッドフィールド役にカヤ・スコデラリオ(「メイズ・ランナー」)、ジル・バレンタイン役にハナ・ジョン=カーメン(「アントマン&ワスプ」)、クリス・レッドフィールド役にロビー・アメル(「アップロード」)、アルバート・ウェスカー役にトム・ホッパー(「アンブレラ・アカデミー」)、レオン・S・ケネディ役にアヴァン・ジョージア(「ゾンビランド:ダブルタップ」)、ウィリアム・バーキン役にニール・マクドノー(「Yellowstone」)。

    来年、誕生から25周年を迎える同シリーズでは新情報が活発で、まずはゲームの8作目「バイオハザード ヴィレッジ」が2021年に発売予定。映像化作品については今回の映画のほか、Netflixでの実写ドラマ化や、CGアニメーション化が報じられている。


    (出典 www.4gamer.net)


    【【映画】『バイオハザード』が完全新作で再び映画化】の続きを読む


    弱虫ペダル』(よわむしペダル)は、渡辺航による日本の少年漫画作品。通称「弱ペダ」。秋田書店の『週刊少年チャンピオン』に2008年第12号から連載中。同社の少年チャンピオン・コミックスレーベルより刊行される単行本の累計発行部数は2018年5月時点で1700万部を超えている。
    305キロバイト (42,276 語) - 2020年8月14日 (金) 04:43



    (出典 www.bs-sptv.com)


    映画化しますね。

    1 貨物の近く ◆ZptBJFy0cTqn :2020/07/12(日) 12:22:46 ID:jSYRccGv.net

    2020年8月14日、全国ロードショー

    公式サイト
    https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/
    テレビアニメ版
    http://yowapeda.com/


    (出典 movies.shochiku.co.jp)



    (出典 collabo-cafe.com)


    【【映画】  弱虫ペダル】の続きを読む

    このページのトップヘ