インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などについて更新しています。

    カテゴリ: 長寿番組


    ちびまる子ちゃん』(ちびまるちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画作品、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1970年代の静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の
    205キロバイト (28,803 語) - 2021年11月28日 (日) 09:49



    (出典 i.ytimg.com)


    おめでとう㊗

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/28(日) 08:44:26.25

    11/28(日) 8:00配信
    コミックナタリー

    「『おっちゃんのまほうカード』の巻」より。

    さくらももこ原作によるTVアニメ「ちびまる子ちゃん」にて、12月5日の放送から1月30日の放送まで、全8回にわたり「〜原作35周年!あなたの好きな“神回”さくらももこ原作まつり〜」と銘打った企画が展開される。

    1986年にりぼん(集英社)で連載がスタートし、2021年で連載開始から35周年を迎えた「ちびまる子ちゃん」。今年の2月から6月にかけては「原作35周年!あなたの好きな“神回”大募集!」と題し、視聴者から原作の中から、好きなエピソードを募集していた。今回の企画では、“神回”としてたくさんの視聴者に選ばれた原作のエピソードを、新規作画・演出のアニメでお届け。第1弾となる12月5日には、原作第1話をアニメ化した「『おっちゃんのまほうカード』の巻」と、まる子と父・ヒロシがお化け屋敷に挑戦する「『まるちゃん おばけ屋敷にいく』の巻」が放送される。番組では人気エピソードの順位も発表していく。放送エピソードは公式サイトなどで確認を。

    ■ 高野舞(プロデューサー)コメント
    皆さまからご応募頂きました人気原作えりすぐりを2カ月間に渡って新規作画・演出でお送りさせて頂きます。多くのご応募を頂きまして誠にありがとうございました!懐かしさや新たな発見など、ご家族そろって楽しめる内容になっております。番組内で順位発表もして参りますので是非是非、ご覧ください!!

    ※高野舞の高ははしごだかが正式表記。

    ■ 「〜原作35周年!あなたの好きな“神回”さくらももこ原作まつり〜」
    当該放送日:2021年12月5日(日)、12日(日)、19日(日)、26日(日)、2022年1月9日(日)、16日(日)、23日(日)、30日(日)

    □ 放送エピソード
    2021年12月5日(日):「おっちゃんのまほうカード」の巻、「まるちゃん おばけ屋敷にいく」の巻
    2021年12月12日(日):「まる子、まぼろしの洋館を見る」の巻
    2021年12月19日(日):「まるちゃんは遠足の準備が好き」の巻、「まる子、毛糸のパンツをいやがる」の巻
    2021年12月26日(日):「たまちゃん、大好き」の巻
    2022年1月9日(日):「かきぞめの宿題」の巻
    2022年1月16日(日):「まる子、ゴキブリをこわがる」の巻
    2022年1月23日(日):「まぼろしの“ツチノコ株式会社”」の巻

    (c)さくらプロダクション/日本アニメーション


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67050b8a4c95f8ea97863c53c33fa8db752776e7

    【画像】「『まるちゃん おばけ屋敷にいく』の巻」より。(他5件)

    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【長寿番組】「ちびまる子ちゃん」原作“神回”を新規作画・演出でアニメ化!初回は記念すべき第1話】の続きを読む


    ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品。及び、作品内に登場する主人公(未来からやって来たネコ型ロボット)の名前である。 日本では国民的な知名度があり、登場キャラクターや登場アイテム(ひみつ道具)など、その世界観が一般社会に広く浸透している。海外でも、東アジア、東南アジア、アメリカを中心に高い人気を誇る。
    124キロバイト (18,620 語) - 2021年8月21日 (土) 16:01



    (出典 d168xaea3f86zy.cloudfront.net)


    何でしょう…

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/08/30(月) 06:46:55.81 ID:CAP_USER9.net

    2021年8月30日 5:00

    9月3日がドラえもんの誕生日であるのに併せ、本日8月30日の朝日新聞朝刊に、のび太による「ドラえもんサプライズ誕生日会」への招待状が掲載されている。


    のび太による「ドラえもんサプライズ誕生日会」への招待状。

    (出典 pbs.twimg.com)



    これは9月4日18時56分からテレビ朝日で放送される「ドラえもん 誕生日スペシャル」を告知するもの。招待状にはのび太による手書き風の文字で「ドラえもんのサプライズバースデーをするよ 4日のよるにテレビのまえにあつまてね! ドラえもんにはナイショだよ」と書かれている。また参加・不参加、ドラえもんへのメッセージを記入する欄も設けられた。

    さらに招待状にリアクションすると、のび太から返事がくる企画も。返事が欲しい人は招待状に参加・不参加とドラえもんへのメッセージを記入し、ハッシュタグ「#ドラえもんにはナイショだよ」、メンション「@doraemonChannel」の2つを付けてツイートしよう。

    「ドラえもん 誕生日スペシャル」ではドラえもんが謎のドラヤキ星人と戦う中編「どら焼きが消えた日」、そして短編「のび太の惑星探査ミッション」「マジックの使い道」を放送。同じく9月4日17時から放送の「ドラ誕2021直前スペシャル」ではアニメ本編に加え、ジャイアン役の木村昴による特別コーナーが展開される。

    この記事の画像(全4件)
    https://natalie.mu/comic/news/442917


    【【長寿番組】のび太からの「ドラえもんサプライズ誕生日会」への招待状が朝日新聞朝刊に 】の続きを読む


    サザエさん』は、長谷川町子による日本の漫画。また、その主人公である「フグ田サザエ」の呼び名である。 原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である(ただし、5ページほどのショートストーリー漫画が雑誌連載されており、「別冊サザエさん」に収録されている)。西日本新聞社から独立したフクニチ新聞社の整理部長牟田口宗
    99キロバイト (13,950 語) - 2021年6月4日 (金) 03:52



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)


    確かに見てしまいます。

    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/13(日) 17:08:12.91 ID:CAP_USER9.net

    「テレビの時代は終わった」と言われますが、永遠に続いているような気がするおなじみの番組も多いものです。出演者も、やっていることも変わらないのに、時代の波を飄々と乗り越えてきたそれらの番組。いったいなぜ? 多角的な視点から検証してみました。

    1953年にNHK・民放各局で本放送が開始された“テレビ”。この数年でこそネットの波に押されているが、約70年ものあいだお茶の間をにぎわす娯楽として親しまれている。

    長寿番組のナゾを分析!
     生き馬の目を抜くテレビ業界で、四半世紀以上も続く“長寿番組”は伝説の存在といってもいい。なかでも、『笑点』(日本テレビ系)は放送開始から55周年を迎えたキングオブご長寿番組。バラエティー番組としては最長を記録している。落語界の名人たちがズラッと並んで大喜利をする姿に、元気をもらった人も多いだろう。

    「長く続いている番組の特徴のひとつが“おなじみ感”です。『笑点』は、前半は演芸で後半は大喜利という構成をずっと続けている。司会者やメンバーが変わっていてもコンテンツが同じなので、安心して見ていられるんですよね」

     そう語るのは、放送作家の野呂エイシロウさん。おなじみ感に加えて、名人たちの安定した笑いも楽しめる『笑点』は、長く続く条件を満たしているという。

     そして、元テレビ局勤務のコラムニスト・逢瀬辰五郎さんも『笑点』の魅力をこう分析する。

    「長寿番組は、誰が司会者でも成立するフォーマットができています。『笑点』も最初の司会者は故・立川談志師匠でスタートして、その後も何度か代替わりしながら続いているのが強みだと思います。

     それに、もしも個性が強すぎる談志師匠の降板がなかったら、内容にエッジが効きすぎて長く続かなかったかもしれません。長続きのコツは“面白すぎないこと”でもあると思います」

     総合司会の児玉清さんが放つ「アタックチャ~ンス!」の声が耳から離れないクイズ番組『パネルクイズアタック25』(テレビ朝日系)も、46年選手の番組だ。児玉さんの引退後、朝日放送の浦川泰幸アナウンサーを経て2015年以降は俳優の谷原章介が司会を務めている。

    「『アタック25』は児玉さんのイメージが強かったけど、今では谷原さんの司会に違和感がないですよね。『笑点』と同じく、番組のフォーマットがしっかりできあがっているので、司会者が変わっても成立している典型例です」(逢瀬さん)

    替えのきかない司会者2人
     一方で、司会者の替えがきかない長寿番組も少なくない。その筆頭株が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)だ。説明するまでもないが、タレント・黒柳徹子の“部屋”にゲストが訪れるトーク番組。45年の長い歴史の中には、神回と称される徹子とゲストの名勝負(?)も数多く存在する。

    「彼女の司会は“しゃべり芸”と言ってもいいほど特徴的。一方で、画面上にはゲストと徹子さんしかいないし、徹子さんの衣装を確認したあとは、テレビを真剣に見なくても聞き慣れた徹子トークが楽しめる。

     視聴者を楽しませる秀でた話芸と、安心感がある『徹子の部屋』は、長寿になるべくしてなった番組かもしれません。番組名にMCの名前が入っているので、徹子さんがお元気なうちは続くはずです」(野呂さん)

     “タモさん”こと森田一義も、長寿番組との相性がいい。最長で38年間放送しているのが、毎度おなじみ流浪の番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)だ。

    「タモリさんの場合も、徹子さんと同じく名人芸を魅せてくれる司会者です。彼が持つ幅広い知識とユーモアで、その日のテーマをどう料理するかが見どころですよね」(野呂さん)

     だが、そんなタモさんがお昼の顔として32年間司会を務めていた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)は2014年に幕を閉じた。その終焉については「番組のコストが影響しているのでは、という話も聞いたことがあります」と野呂さん。

    「近年の傾向ですが『いいとも』のように、出演者が多かったり、大御所に見合ったギャラを支払い続けると予算がかさむため番組はやめざるをえない。特に司会者の名前が大きすぎると、番組そのものを終わらせるしかないんですよ」(野呂さん)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/910be98b891b5c24ce0a1445f8e81fd4ec8a5189

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【長寿番組】『サザエさん』『笑点』『徹子の部屋』なぜか見てしまうからくりとは?】の続きを読む


    サザエさん』は、長谷川町子による日本の漫画。また、その主人公である「フグ田サザエ」の呼び名である。 原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である(ただし、5ページほどのショートストーリー漫画が雑誌連載されており、「別冊サザエさん」に収録されている)。西日本新聞社から独立したフクニチ新聞社の整理部長牟田口宗
    100キロバイト (13,984 語) - 2021年3月29日 (月) 03:44



    (出典 cho-animedia.jp)


    たしかにないですね。

    1 名無しさん必死だな :2021/04/29(木) 14:06:16.05 ID:XjgRrN1v0NIKU.net

    ドラえもん、ちびまる子ちゃん、クレヨンしんちゃん、コナン、アンパンマン、しまじろう


    人気の長寿アニメはみんなゲーム化経験あるのに
    何故、最も長寿なサザエさんはゲーム化しないのか


    (出典 www.crank-in.net)


    【【長寿番組】なぜ、サザエさんはゲーム化しないのか】の続きを読む


    サザエさん』は、長谷川町子による日本の漫画。また、その主人公である「フグ田サザエ」の呼び名である。 原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である(ただし、5ページほどのショートストーリー漫画が雑誌連載されており、「別冊サザエさん」に収録されている)。西日本新聞社から独立したフクニチ新聞社の整理部長牟田口宗
    100キロバイト (13,952 語) - 2021年1月6日 (水) 05:12



    (出典 www.fujitv.co.jp)


    そんなことありますか?

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/01/28(木) 18:03:10.932 ID:a+uZs3Swd.net

    リカちゃんの名字は野沢

    h
    (出典 ckworks.jp)


    【【長寿番組】ガチ勢しか知らないサザエさんの設定】の続きを読む

    このページのトップヘ