インドアのアニオタ的まとめ

インドアのアニオタ的まとめでは、休日引きこもってアニメを漁っている主が、
話題となっているアニメ、漫画、声優などについて更新しています。

    カテゴリ:ゲーム > スマホゲーム


    300万本を超える。 「ドラゴンクエスト」というタイトルは、堀井が劇画村塾時代に小池一夫から学んだ「印象的なタイトルを作るには、やさしい言葉と難しい言葉の組み合わせがいい」「タ行を濁音に変える(ダ行にする)と印象が残りやすい」という教えをもとに作られた。 略称はドラクエ
    148キロバイト (20,160 語) - 2021年11月10日 (水) 01:28



    (出典 img-eshop.cdn.nintendo.net)


    どっちが人気なんですかね。

    1 風吹けば名無し :2021/09/26(日) 17:23:50.08 ID:pvAMLtrVd.net

    ドラクエウォークとドラクエタクト
    時間をかけてやり込むのに相応しいのはどっちのゲームだと思う?

    教えてくれ


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    【【ゲーム】ドラゴンクエストウォークとドラゴンクエストタクトやり込むのに相応しいのはどっち?】の続きを読む


    マフィア梶田マフィアかじた、1987年10月14日 - )は、日本の男性文筆家、ラジオパーソナリティ、声優、俳優、YouTuber。本名は梶田 隆基(かじた りゅうき)。過去の名義にSP田中(エスピーたなか)がある。 上海市生まれ三重県育ちのフリーライターである。主にゲームサイト「4Gamer
    43キロバイト (4,946 語) - 2021年11月17日 (水) 12:17



    (出典 www.inside-games.jp)


    どうですかねえ。

    1 風吹けば名無し :2021/11/18(木) 09:37:13.88 ID:FcIMzvn20.net

    んほぉ~このハゲたまんね~

    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】FGO 声優にマフィア梶田を起用して賛否両論】の続きを読む


    2021年11月1日閲覧。 ^ “「ピクミンGO」!? 任天堂とNiantic、「ピクミン」を起用したスマホアプリを発表”. Game Watch (2021年3月23日). 2021年3月23日閲覧。 ^ “「Pikmin Bloom」(ピクミンブルーム)が海外で配信開始。ピクミンと一緒に花を咲かせられる“歩くことを楽しくする”アプリ”
    44キロバイト (7,180 語) - 2021年11月1日 (月) 02:25



    (出典 i.ytimg.com)


    まだわかりにくいですよね。

    1 名無しさん必死だな :2021/11/01(月) 12:37:13.91

    任天堂はこれが面白いと思って出したのならセンスないなって


    (出典 9-bit.jp)



    (出典 Youtube)


    【【ゲーム】ピクミンブルーム の面白さについて】の続きを読む


    ピクミンシリーズ > ピクミンピクミン』(Pikmin)は、2001年10月26日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ピクミンシリーズの第1作目。 後にシリーズ化され、2004年には、『ピクミン2』が、2013年には、『ピクミン3』が、2017年には、『Hey! ピクミン』が発売された。
    35キロバイト (5,329 語) - 2021年7月29日 (木) 00:04



    (出典 i.ytimg.com)


    どうですかね。

    1 名無しさん必死だな :2021/10/27(水) 09:11:14.39

    https://twitter.com/PikminBloom/status/1453150578192928773



    任豚が話題にしない
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ゲーム】ピクミンのスマホゲームが開始?!?】の続きを読む


    ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリとPCゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。略称は『ウマ娘』。ジャンルは育成シミュレーションゲームで、競走馬を萌え擬人化したキャラクターである「ウマ娘
    191キロバイト (26,241 語) - 2021年10月20日 (水) 22:53



    (出典 i.ytimg.com)


    おめでとうございます㊗

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/27(水) 17:34:19.68

    【速報】サイバーエージェント、21年9月期決算は営業益208%増の1043億円と過去最高業績 『ウマ娘プリティーダービー』が大きく貢献【追記】

    2021.10.27 15:09
    サイバーエージェントは、この日(10月27日)、2021年9月通期の連結決算を発表し、売上高6664億6000万円(前の期比39.3%増)、営業利益1043億8100万円(同208.1%増)、経常利益1046億9400万円(同209.2%増)、最終利益415億5300万円(同528.8%増)と大幅増益を達成した。Cygamesの運営する『ウマ娘プリティーダービー』の運営成績が貢献し、過去最高業績となった。

    決算説明会に臨んだ藤田晋社長は、「ここ数年はABEMAへの先行投資を行い、営業利益を年間300億円に抑えてきたが、一気に1000億円を超えてきた」とコメント。『ウマ娘』の爆発的なヒットの影響を改めて示した。

    ・売上高:6664億6000万円(同39.3%増)
    ・営業利益:1043億8100万円(同208.1%増)
    ・経常利益:1046億9400万円(同209.2%増)
    ・最終利益:415億5300万円(同528.8%増)

    ①メディア事業
    メディア事業には、「ABEMA」、「WINTICKET」、「Ameba」等が属している。新しい未来のテレビ「ABEMA」への投資をしつつ、売上高は828億6900万円(同45.1%増)、営業損益は151億4100万円の損失計上(前年同期間182億6700万円の損失計上)となった。

    ②インターネット広告事業
    インターネット広告事業には、インターネット広告事業本部、AI事業本部、CyberZ等が属している。広告効果の最大化を強みに、過去最高の売上高を更新し、売上高は3213億1300万円(同19.3%増)、営業損益は225億7000万円の利益計上(同7.1%増)となった。

    ③ゲーム事業
    ゲーム事業には、Cygames、Craft Egg、サムザップ、アプリボット等が属している。新規タイトルが大きく貢献し、売上高は2627億5100万円(同68.6%増)、営業損益は964億4500万円の利益計上(同217.9%増)となった。

    ④投資育成事業
    投資育成事業にはコーポレートベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルにおけるファンド運営等が属しており、売上高は64億4100万円(同57.4%増)、営業損益は44億0800万円の利益計上(同43.7%増)となった。

    ⑤その他事業
    その他事業には、マクアケ、CAM、ゼルビア等が属しており、売上高は217億4400万円(同10.9%増)、営業損益は4億7900万円の利益計上(同63.1%減)となった。

    【追記】
    第4四半期の実績は、売上高が前年同期比48.7%増の1797億2800万円、営業利益が同400.4%増の268億6800万円だった。四半期で過去最高となった前四半期には及ばなかったが、過去2番めの業績となった。業績推移は以下のとおり。


    (出典 i3.gamebiz.jp)


    (出典 i3.gamebiz.jp)


    ■2022年9月期の見通し
    2022年9月期の業績見通しは非開示。これまで業績予想を継続的に開示してきたが、特にゲーム事業において、既存ゲームの運用状況や新規ゲームの提供開始日により大きな業績変動が見込まれることから、業績見通しについて適正かつ合理的な数値の算出が困難であると判断したため、と説明している。

    https://gamebiz.jp/news/336031


    関連
    サイバーエージェント、第4四半期のゲーム事業は営業益275%増の281億円と大幅増 『ウマ娘』は「好調だった初動の反動があったが堅調に推移」
    https://gamebiz.jp/news/336037

    サイバーエージェント藤田社長、22年9月期の予想非開示の理由を説明…『ウマ娘』は足元堅調だが「12ヶ月後の数字は経営陣でも予測できない」
    https://gamebiz.jp/news/336046

    サイバーエージェント、「ABEMA」は「先行投資から損益改善フェーズに入った」(藤田社長) 広告や課金、周辺ビジネス成長 MLBなど番組充実でWAU拡大続く
    https://gamebiz.jp/news/336049


    【【ゲーム】サイバーエージェント 21年9月期決算は営業益 1043億円と過去最高業績 『ウマ娘プリティーダービー』が大きく貢献】の続きを読む

    このページのトップヘ